クスリの龍生堂薬局
新卒採用サイト

menu

Keyword

キーワードで知る龍生堂

Keyword 01

信頼される“かかりつけ薬局”

龍生堂の店舗には3つの特徴があります。1つは、落ち着いた調剤薬局にドラッグストアが併設されており、薬剤師の数が多く、ベテランから若手まで年齢層が多様なこと。2つ目は、調剤、OTC、在宅(週末期)まで対応できる業務範囲の広さを持ち、在宅においては90%以上の店舗が実施していること。3つめは、創業から84年という歴史をもち、早くから調剤とOTCの面分業調剤を全店で確立してきたことです。この3つの特徴が、かかりつけ薬局としての信頼感を醸成しています。

Keyword 02

在宅医療への取り組み

龍生堂が在宅医療に取り組むきっかけとなったのは「一人で出かけるのが大変になってきて、病院に行くのもつらい。龍生堂さんが家まで来てくれると助かるんだけど」という、ある常連のお客様からの一言でした。そこから居宅中心の在宅訪問がはじまりました。かかりつけ業務の一連として在宅医療を行っているので、外来から在宅への移行もスムーズにできます。また、処方箋の応需で築いた医療機関との連携や、OTC、衛生・生活用品を取り扱うことでの介護機関への連携も緊密にすることが可能です。近年では、無菌調整を行うことにより、終末期患者様の支援を行うなど、その幅を広げています。

Keyword 03

時代とエリアのニーズ

現在日本では、超高齢社会の到来、医療費高騰による社会保障制度の変革、健康寿命の延伸、一人暮らし高齢者の増加など、様々な変化が起こっています。このような変化に対して薬局にプラスアルファとして求められることは、ガンと認知症患者様への予防から治療までの断続した視点、在宅医療への対応、セルフメディケーションによる健康維持などです。それに対応するため、龍生堂では一つひとつの事例に対応・解決できる薬剤師の育成を目指し、段階を踏んだ研修・研鑽や臨床での経験とフィードバックを行っています。

Keyword 04

20、30年のキャリアを持つスタッフ

龍生堂には、研修・研鑽・経験を積んだベテラン薬剤師が後輩たちを温かく見守る社風があります。そのため、若手が安心して働き、成長できる環境となり、それが離職率の低さにつながっているのです。また、同期、先輩、後輩の誰もが企業理念に共感し、同じ志を持って入社しています。細かな違いはあれども同じ方向を向いて仕事をしているということも、長く続けられる大きな理由のひとつではないでしょうか。さらには、薬剤師、登録販売者、医療事務と職種間の関係が良好なので、店舗内連携も非常にスムーズに行えています。そして、大企業とは違い、経営陣も社員の顔と名前が一致しているため、現場からの意見が取り入れられやすい環境であることも起因しています。

Keyword 05

健康サポート薬局

主な業務は、処方箋応需であるというイメージを持たれがちな薬局ですが、これまでのかかりつけ機能に加えて、健康寿命の延伸に向けた健康維持・増進・啓蒙を行う、健康サポート機能への期待が膨らんでいます。しかしながら、健康サポート機能への期待は、エリアによって様々。その中で、セルフメディケーション、機能性食品を用いた健康予防、介護・生活用品全般、化粧品・サプリメントを用いた美容など、ドラッグストア併設ならではの強みを生かすことが必要とされています。龍生堂では、ニーズに合わせたラインナップを取り揃え、それぞれのエリアで健康サポート機能を発揮しています。

Keyword 06

OTC医薬品

龍生堂は、1933年に東京市淀橋区百人町(現在の新宿区百人町)に開業した当初から、一般医薬品(OTC医薬品)を中心とした健康相談を行っています。時代の変化に伴い相談内容も変わってきましたが、様々なお悩みを解決するための手助けという点は変わりません。現在、OTC医薬品はリスク分類され、治療が中心の要指導医薬品から生活環境の改善を図る殺虫剤まで、様々なカテゴリー分けをして販売されています。医療用医薬品を含め、すべての医薬品を取り扱うことができるのが薬局です。これからも龍生堂は、薬の専門機関として地域の暮らしを支えて続けていきます。

INDEX 扉ページへ